トイレリフォームのきっかけになる便器の交換

トイレリフォームの基本ともいえるのが、便器の交換です。便器を交換しなければいけないからこそ、トイレリフォームを考えることも出てきます。

■便器の掃除の手間が変わる

便器は、簡単に壊れるものではありません。陶器でできている便器は、耐用年数が長く、割れてしまったりすることがなければ使い続けることができます。しかし、これは本体だけの問題であり、コーティングはどんどんと劣化していきますし、性能も劣っていきます。
コーティングがどんどんと薄くなると、その分だけ汚れが落ちにくくなり、掃除の手間がかかります。現在の便器は、汚れが落ちやすい設計をとっており、これまで使っていたものと比べると大幅に掃除の手間が省け、掃除時間も減るようになりました。それでも本来の性能が弱まり、あまりに汚れが目立ってきたときには、交換とともにトイレリフォームを考えるといいでしょう。

■効率的に直していく

トイレリフォームは、お金がかかる工事のため、できるだけ効率的におこなう必要があります。
リフォームのきっかけとしては排水管のトラブルが多いです。排水管は便器の下に接続されますが、そこから水が漏れてくるようになるのは、水道のトラブル同様にパッキンの劣化があげられます。交換すれば済みますが、便器を外さなければ交換できない場所です。どうしても手間がかかり、専門業者に依頼しなければいけないため、同時にリフォームを検討するきっかけにできます。大掛かりなものでなくても、便器を外したタイミングで、床材の交換をするのは効果的です。取り外さなければできない内容となるため、費用から見ても効率的に修繕ができます。

■まとめ
新しい便器へ交換すると、思っている以上の機能を持っていることに気がつきます。高い節水効果を持ちながらも、今まで以上に汚れも落ちやすくなるからです。便器の交換はリフォームを検討するきっかけとしてもぴったりのタイミングになるため、本当に必要としている条件は何か検討してみるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ