トイレリフォームで注目されるタンクの存在

トイレリフォームで注目されるのはタンクの存在です。既存のタイプにするのか、それともタンクレスや一体化にするのか、目的に応じて機能を考えていく必要が出てきます。

■タンクがあるかないか

トイレの交換とともに検討するべきなのが、タンクです。タンクレスに交換すると、スペースが大幅に変わります。既存のトイレでついていたタンクの分だけスペースを広げられるところが大きなポイントです。
トイレリフォームの場合、バリアフリー化を考えている場合があります。タンクが無くなった分だけスペースが広くなり、車いすも入れる容積を確保できる可能性が出てくるため有効です。広くなれば、手すりなどもつけやすくなりますし、ほかの設備を取り付けるなどスペースを回すこともできます。限られた空間しか取れない場合が多いため、タンクレスに交換するのは、大変有効な方法です。

■既存のタイプも進化している

タンクレスの場合、水道管から直接水を引きます。そのため、一定の水圧が必要となるためトイレリフォーム前に検査をして検討が必要です。もしも、圧力が足りない場合には、タンク有りの既存のタイプを使いますが、性能は進化しているため、洗浄力も高まりますし、節水効果も期待できます。スペースの問題も一体化されたタイプを使うなどすれば、少しでも広くできる可能性が出てきます。
メーカーでも、少しでも省スペースになる設計が進められているため、なんでもタンクがなければいいという問題ではありません。バリアフリー化を進めるときに使えるものもあるため、専門業者と検討してみて、適切なものを選ぶことが大切です。

■まとめ
トイレにはいろいろな種類があり、要望を叶えるためにどんどんと進化しています。思っている以上に使いやすいものが出てきていますので、どんな要望があるのか意見しながら、専門業者にぶつけてみるといいでしょう。自分たちの想像以上の答えが返ってくるはずです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ