目的に合わせたトイレリフォームの方法

目的に合わせたトイレリフォームの方法 家の中にある設備の使い勝手が悪くなってきたときは、リフォームを検討するきっかけです。必要とする機能を持たないときも、リフォームして対応することが求められます。さまざまな設備がありますが、特に毎日欠かさず使うトイレは、使い勝手が悪くなれば問題が生じやすい設備です。トイレリフォームは、快適な環境を作るための大切な工事になります。広くすることもできますし、便利な便器に交換することもトイレリフォームのひとつです。便利で快適になるとしても、費用がかなり発生することから、やみくもにおこなえるものではありません。失敗しないためにも、要点を抑えてリフォームの計画を立てていかなければいけないでしょう。

■バリアフリー化のために

トイレリフォームを考えるきっかけになることはいろいろあります。中でもバリアフリー化を進めるためにリフォームを検討することは増えました。車いすを使わなければいけないときなどは、できるだけ広いスペースを作り出さなければいけません。便器の近くまで車いすでいけるようにするためには、入り口の寸法から変える必要も出てきます。思っている以上にスペースが必要になりますが、扉の開き方も考えなければ入れなくなるでしょう。さらに手すりを取り付けるなど付属品に対する工事も必要です。単純にスペースの計算だけではなく、車いすを使ったときに使いやすいトイレにできるかどうかも検討しなければいけません。

■気になるトイレの音
音の問題もトイレでは重要です。一般の家庭でも、年頃の子供たちがいると、音が気になる場合が出てきます。家庭の中に音が響くこともありますし、隣家に聞こえてしまう場所に作られているケースも問題です。トイレリフォームをするときには、大掛かりに設計を変えることもできます。壁紙を取り換えられるため、吸音性の高いものに換えてみるだけでも、音の響き方がかわるため有効です。
壁自体を変えてしまうこともできます。薄い素材しか使われていないときには、厚いものに変更することで音を遮れるようになるため有効な方法です。扉の位置を変えて音が逃げていく方法を変えたり、音を外に逃がさないなど、リフォームの方法によって違いを生み出せます。規模の大きな改善になりますが、長く使うことを考えても検討するべきポイントです。

■快適性を高める方法

トイレリフォームにより、快適性を高めることができます。トイレ自体を快適な空間に作り替えるために、さまざまな手法が使われてきました。臭いを軽減するため、消臭性の高い防菌壁紙や床材を使う方法もあります。換気のためにファンを取り付けるのも効果的です。ファンの取り付けは電源が引かれていないとできませんが、リフォームの時に電気工事もおこない壁に穴をあけて取り付けることができれば、強制換気ができます。
ヒートショックなどの対策として、温かい空間を作る方法も有効です。便座にヒーターをつける方法もありますし、床材や壁材の断熱性を向上できれば、ヒートショックの危険性を大幅に下げられます。高齢の方がいらっしゃる場合には、特に有効な方法です。暖房設備をつけたとしても、断熱対策ができているかどうかで大きな差が出ます。

■まとめ
トイレリフォームには、目的によってさまざまな方法がとられます。要求することは何か、をはっきりさせることで目的に合わせた設計が可能です。清潔な空間を作りたい、もっと節水ができる状態にしたいという希望は、トイレリフォームにより叶えることができます。
リフォームはお金がかかりますし、時間も必要です。なかなか踏み切れないことも出てきますが、交換しなければいけないときなどに思い切って検討してみるのもいいでしょう。これまで以上に快適な空間を作るためにはどんな方法があるのか、リフォームにあたってのメリットも含め知識を身につけておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース